自分に合ったスーツを着る

社会人にはスーツが必須

社会人になったらスーツを持っておかなければ困ることがあります。会社勤めをする人は、スーツが制服のようなものですから、デイリーに着られるスーツを何枚か用意しておかなければなりません。

さらに、取引先との大切な商談などの際には、いつものスーツでは心許ないこともありますから、とっておきのスーツというのも必要になってきます。

会社勤めでない人でも、スーツを着る機会は出てくるのが普通です。

たとえば、冠婚葬祭の場面では、普段着で行くというわけにはいきませんので、きちんとしたスーツを着るようにしなければなりません。

スーツはどんなものを着てもいいというものではなく、TPOに合わせて選ぶ必要があります。スーツを購入するときには、どんな場面で着ることになるのかを考えることが大切です。

1枚でいろいろな場面に着回すことができれば便利ですが、やはりシーン別のものを何枚か用意しておくのが良いでしょう。

クローゼット

 

ピッタリ合ったものがいい

スーツを購入するときには、自分に合ったものを選ぶことも大切です。カジュアルな服と違って、スーツというのはサイズが合っていなければそれだけで随分不自然な印象になってしまいます。

スーツには、肩幅、袖丈、着丈、ウエスト、ズボン丈など、サイズを合わせなければならないポイントがいくつもありますから、お店できちんと採寸してもらい、必ず試着をしてから購入するようにしましょう。

自分にピッタリのオーダースーツを作る際に、フルオーダーだと値段が高くなってしまいます。

イージーオーダーやパターンオーダーという方法もありますから、なるべくサイズが合っていて、予算内で購入できる方法を選びましょう。サイズだけでなく、色やデザインも合う合わないがあります。

どんなタイプのスーツが似合うのか自分でわかりにくければ、周りの人やお店の人の意見を参考にして選ぶのがおすすめです。