ダブルブレスト

大人の男性に合う重厚なデザイン

スーツのデザインには、ダブルブレストもあります。

ダブルブレストとは、ジャケットの前身ごろが広く、ボタンが2列になっているものを言います。

ダブルブレストは、単にダブルと呼ばれることもあります。

ダブルブレストのスーツには、飾りボタンと打ち合わせの留めボタンがついています。

ボタンの総数といくつ留めるのかという方法によって、バリエーションがあるのもダブルブレストの特色です。

たとえば、6つボタンの1つかけ、6つボタンの2つかけ、4つボタンの1つかけ、4つボタンの2つかけなどがあります。

ボタンの数や留め方が違うと、印象も違ってくることになります。

ダブルブレストのスーツを着ると重厚感のある雰囲気になり、より男性的なイメージになります。

また、ダブルブレストのスーツは格調高くフォーマルな印象になることから、冠婚葬祭の場面で着るのにも合っています。

ダブルブレスト

年配の男性に向いている

ダブルブレストのスーツは、一般に、若い人よりも年配者の方が似合うと言われることが多くなっています。

これには、ダブルブレストのスーツが、細身の人よりもがっしりとした体型の人向きだからという理由もあります。

年配になると、中年太りでお腹周りが気になるという人も多くなります。ダブルブレストのスーツを選べばお腹まわりをカバーすることができますから、印象も良くなるのです。

若い人には着こなしにくいと言われるダブルブレストのスーツですが、クラシカルなデザインを活かすことにより、カジュアルに着ることもできます。

おしゃれに自信がある人なら、ダブルブレストのスーツを選ぶことで、上品かつ個性的な着こなしを実現させることもできます。

初めてダブルブレストのスーツを購入するときには、お店でいろいろなタイプのものを試着し、着方についてもアドバイスを受けると良いでしょう。