3ピース

伝統的なスーツを上手に着こなすには

スーツを選ぶとき、3ピースという選択肢もあります。3ピースとは、三つ揃えとも呼ばれるもので、同一の布で仕立てられたジャケット、ベスト、スラックスがセットになったものです。

3ピースは、どこの国でも着用される正統派のスーツになります。現在はベストがセットになっていない2ピースのスーツが主流ですが、スーツとは3ピースのものが元祖になります。

イギリスで生まれた3ピーススーツは紳士の礼服とされ、イギリスからアメリカへ渡った移民も礼装時には3ピーススーツを着用していました。

日本でも昭和20年頃までは3ピースのスーツが標準でしたから、年配者の中には、本来のスーツと言えば3ピースを思い浮かべる人も多いと思います。

3ピーススーツは一時期はあまり着用されていませんでしたが、最近ではドラマなどで3ピーススタイルを目にすることが多くなり、若い人の間でも3ピーススーツを選ぶ人が増えています。

3ピーススーツ

3ピースのメリットはいろいろ

伝統的な3ピーススーツは、フォーマルでクラシカルなイメージになりますから、あらたまった場所で着るのにもピッタリです。

また、3ピースはジャケットを脱いでもベストがありますからだらしないイメージになりません。

暑い時には気軽にジャケットを脱ぐことができますし、逆に寒い時にはベストを着ているので暖かく過ごすことができるというメリットがあります。

3ピースであれば、サスペンダーを使ったときにもベストで隠すことができますから、見た目もスッキリします。

なお、3ピースを着るときには、サイズをピッタリ合わせることが大事になってきます。

ベストとスラックスの間からベルトやシャツが見えるとだらしなくなりますから、スラックスの股上を深めにするなどの工夫が必要です。

初めて3ピースを購入するときには、お店でアドバイスを受けて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。